30代、人生設計から保険を考える

30代からの人生設計から保険を考える

30代からの人生設計から保険を考えるイメージ画像

学校では教えてくれないけど、大人になると一般的に一度は関わる事が社会には沢山あります。
例えば『保険の勧誘』なんかが、その典型例ではないでしょうか。
実際多くの人が、『入っておいたほうがいい』と薦められるがままの保険に加入し、細かい部分まで内容が分かっていないまま毎月お金だけを支払っている状態だと思います。
保険はその人の生きる人生によって、必要なものと必要ではないものがきっちり分かれるもの。
今の自分に本当に必要な保障がついていますか?
実は無駄にお金だけを支払っている状態にはなっていませんか?
社会に出たばかりで、身体を省みずがむしゃらに働く20歳代。
結婚や妊娠出産など人生のイベント事が増えるであろう30歳代。
少しずつ体の衰えを感じ、老後を考え出す40・50歳代。
人生の転機が訪れるたび、保険は見直しをする事が重要なのです。
もし貴方が独身者だったとしたら、自分が死んでもなお経済的に守らなければならない人は一体誰でしょうか?
そんな人物がいないのであれば、毎月お金を払って生命保険をかけているのはちょっと勿体無いかもしれません。
どちらかと言うと、病に倒れて仕事が出来ない状態なのに医療費がかかる、といったほうが問題ですよね。
この場合なら、生命保険よりも医療保険を考えた方が合理的です。
しかし貴方が既婚者だった場合は、医療保険だけではちょっと不安かもしれません。
自分がもし死んだ時、パートナーの人生はどのように変化していくか?

経済的に困る事はないか?
掛け金の額を考慮しながら、生命保険と医療保険のバランスを決めましょう。
この時に頭に入れておいたほうが良いのは、あくまでも保険は『安心』を買う商品である、という事です。
心配し過ぎるあまりに保障が厚くなり、高い掛け金で生活を圧迫してしまうのは本末転倒というもの。
払い損で終わったとしてもいい、と思えるくらいの額にしておいたほうが懸命です。
また、子供がいる場合には『保険』を貯蓄として活用するとよいかもしれません。
貯金がなかなか上手く出来ない人でも、『保険の掛け金』として支払う事で毎月一定額を貯められますし、自由に出し入れできるわけではないぶん預金より確実です。
そして成長期には色んな怪我をする可能性がありますので、学資保険に医療特約を付けた商品などが便利ではないでしょうか?
保険は契約すれば終わりと言うわけではなく、ずっと人生について回るものです。
加入を検討する時に判断しやすいよう、自分の将来設計はきちんと考えておきましょう

 

 

 

貯金・給料・ローン等30歳代のお金やお財布事情

 

30歳代コラム集トップページに戻る


30代、人生設計から保険を考える関連ページ

三十路さんたちの貯金事情
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
30歳代の年収とボーナス
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
家を買う前に知っておきたい、いくつかの事
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
クレジットカード選ぶなら、実用重視かステイタスか?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
三十路OLが節約から得たもの
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
稼ぐため!30歳代が採るべきなのは起業?投資?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。