三十路さんたちの貯金事情

外は外、ウチはウチ。えっ、貯金がなんだって?

三十路さんたちの貯金事情イメージ画像

生きていくためには必要なもののひとつに、お金があります。
30歳代の貯金の平均は、596万だそうです。
この額を、多いと思いますか?少ないと思いますか?
とはいえ、平均は平均です。

 

職業、年齢、既婚か未婚か、家族構成、などによって違ってきます。
中には、8桁の貯金があるという人もがいます。
逆に、貯蓄はゼロ、という人もいます。
収入によって、変わってきますので、仕方のないことです。

 

目標貯蓄額を決めて貯めると、貯まりやすいかもしれません。
目安として、月3万円の貯金です。

 

けれど、現実には月1万あるいはそれ以下が精一杯、という人が多いようです。
独身の人なら、実家に住んでいればそれなりに貯められるのではないでしょうか

 

一人暮らしの人は、貯金はなかなかたいへんです。
そこを、がんばって貯めている人もいます。
実は借金をしてしまい、返済したら貯金がチャラになってしまったという場合もあります。

 

既婚になると、また変わってきます。
1000万円の貯金があっても、一軒家を買えば住宅ローンでなくなってしまいます。
子供の教育費もかかります。
2人以上の世帯のうち、3割ほどが貯蓄ゼロ、貯金できない、という状況があります。

 

三十歳で年収300万が平均といわれています。
男性の場合、これで結婚できるか子供ができても生活していけるか、と不安に思うこともあるようです。
結婚相手の考え方や収入・貯金額ににもよりますが、できないことはありません。
30歳代女性の場合は、どうでしょう。
平均貯金額は316万円というデータがあります。
けれど、5人に1人は貯金額がゼロ円、ともいわれています。
ゼロから、数千万円まで、ひとによって貯金額はさまざまです。
100万あるから安心だという人もいれば、5000万あってもまだまだ、という人もいます。
結局は、その人の人生設計というか目標によって違ってきます。
上を見ても、下を見てもキリがないです。

 

人と比べるのではなく、自分自身が地に足をつけて生きているなら、それでよしとしましょう。
結婚する場合は、お互いにこれからどういう生活をしていくのか、話し合って確認することが大切です。

 

人は人、自分は自分です。
隣のうちは隣のうち、我が家は我が家、です。
いつでも隣の芝生は青く見えてしまいますが、実際のところ、隣の芝生はそんなに青くないかもしれません。
もしかしたら、お隣さんも同じように、こっちの芝生が青いと思っているのかもしれません。

 

 

貯金・給料・ローン等30歳代のお金やお財布事情

 

30歳代コラム集トップページに戻る


三十路さんたちの貯金事情関連ページ

30歳代の年収とボーナス
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
家を買う前に知っておきたい、いくつかの事
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
クレジットカード選ぶなら、実用重視かステイタスか?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
30代、人生設計から保険を考える
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
三十路OLが節約から得たもの
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
稼ぐため!30歳代が採るべきなのは起業?投資?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。