30歳代の年収とボーナス

30歳代の年収とボーナス

30歳代の年収とボーナスイメージ画像

仕事の対価としてもらう給料。
その明細表を見てため息をつく方も多いと思います。
特に働き盛りの30歳代は結婚、車、住宅、育児等、お金がかかる時期です。
みんなどうやって遣り繰りをしているのか、気になるかもしれません。
では、周りのみんなは一体どれくらいもらっているのか?
これって興味があるところですよね。
隣の芝生は青く見えると言いますが、実際はどうなのかというと…

 

30代の平均年収は、461万円という数値が出ています。
でもサンプルの対象の幅をもっと広げると、実際はもう少し低くなるようです。
あくまでも平均ですから、稼いでる人はもっと稼いでいるし、その逆もまた言えます。
でも、金額自体はまあ大体それぐらいかなという感じはします。
では、「ボーナス」はどれくらい貰えるものでしょうか。
これは本当にまちまちです。

 

一部上場企業のような大手と、中小零細では雲泥の格差があります。
また、業種や職種によってもかなり差に開きが出ます。
また利益が上がるかどうか、つまり業績によっても影響を受けます
中には業績が悪くてボーナスはゼロという人もいたりします。

 

それと比べると公務員は給与面など待遇面では安定しています。
では公務員は、どれくらい貰っているのでしょう。
平均年齢35.8歳の国家公務員で、この夏のボーナスの平均額が51万3,000円です。
これでも昨年より5万円ほど引き下げられているそうです。
ちなみに、日本の首相は327万円衆参両院議長は384万円最高裁長官は325万円ボーナスだそうです。
仮にも一国を代表する人たちですが、多いような少ないような、金額ですね。

 

全体で言えば、30代のボーナスの平均は50数万というところのようです。
これを基準に考えてみたら、自分のボーナスの多寡がわかります。
ボーナスはやはり大手企業のほうが圧倒的に多いです。
こうした金額だけみていくと、大企業が一番と思ってしまいます。
けれど、それだけの金額をもらうには、やはり、いろいろなことができる能力が必要です。
たとえば、英語ができるとか、営業力があるとか、企画ならどんどんアイデアがでてくるとか、コミュニケーション能力が高いとか、整理術には長けているとか、文房具なら社内一詳しい、という実務的なものから個性的なものまで、さまざまです。
あるいは、すべてをそつなくこなすタイプの社員もいるでしょう。
日ごろからそれなりの仕事をしている正社員が、ボーナスを貰えることができるわけです。
ボーナスをもらえるのは、基本的に正社員です。
それ以外の非正規社員にはボーナスが無いか、あっても寸志程度がほとんどです。 

 

 

 

貯金・給料・ローン等30歳代のお金やお財布事情

 

30歳代コラム集トップページに戻る


30歳代の年収とボーナス関連ページ

三十路さんたちの貯金事情
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
家を買う前に知っておきたい、いくつかの事
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
クレジットカード選ぶなら、実用重視かステイタスか?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
30代、人生設計から保険を考える
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
三十路OLが節約から得たもの
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。
稼ぐため!30歳代が採るべきなのは起業?投資?
30歳代というある意味節目の年齢について気になること、思うこと、聞けない事ってあると思います。三十路とか言われながらも結構子供だったり、30歳代だからこそのことを1000個集めてみました。